P.A.WORKS Blog

花咲く舞台袖・Q&A② 温泉旅館

Q:何故温泉旅館が舞台になったのか? 

A: 初めから話せば長くなる。企画成立までを10字以内で纏めると、

いろいろあった。

いろいろあった後、ようやく企画成立の見通しが立ったので、

岡田麿里さんにシリーズ構成をお願いすることになったところから。

まず、僕のアイデアを聞いてもらいました。

●地方都市の小さな宅配企業で働くヒロインが、宅配用特殊小型飛行機に乗って、誰かのために色んなモノを運ぶ話にしたい。

●毎回アクションシーンの見せ場が欲しい。

厳寒吹雪の黒部ダムにモノを届けたり、訳あり弁当を届けたり、日本海上空で小松基地の戦闘機に助けられたり。

●提案した各話のテーマは全部P.A.の制作現場で見てきたこと、感じたこと。

●ヒロインは腰かけのつもりで始めた宅配の仕事だけれど、その中に見つけるものがある。やりたい仕事と人から喜ばれる仕事。

●描いて欲しいのは、働くことを通して未来と向き合う前向きなヒロインと、周りのスタッフとのチームワーク。

●深夜に見終わった後、『明日も頑張ろう』って気分になる作品。

●作品のイメージソングはこんな曲。

 1208-1

 何度か打ち合わせを重ねている間も岡田さんは逡巡しているようでした。

それは良い話にはなるけれど…。

僕の提案のままでは、ヒロインが今回は「何を運ぶか」、「どんな障害を乗り越えるか」のシチュエーションアイデアが見どころとなって、人間ドラマ、キャラクターが立たないことを懸念したのかもしれません。

「舞台を温泉旅館に変えたいんですけど」

「!!」

岡田麿里さんが得意とするフィールドで活き活きと描かれた方が、結果的には魅力的なヒロインになるに違いありません。

「僕のやりたいテーマは全部入れられますか?」

「入ります」

「じゃ、温泉旅館で」

ヒロインが運ぶものはお膳になり、握るのは操縦桿から雑巾になりました。

アクションは…まぁ、『CANAAN』で充分やったしね。

舞台が小さな温泉旅館になったことで、そこで働く従業員の疑似家族的な人間関係が描けるかな、とも思いました。

当初のジェット便企画から引き継がれた部分、

ヒロインたちの青春、仕事と恋愛とチームワーク。

それに加えて、喜翆荘の女将スイ、母皐月、緒花の、

四十万家女三代の物語が岡田麿里節で盛られたことで、

この作品の器はひと回り大きくなったように思います。

 

そんな訳で、Q:何故温泉旅館ば舞台になったのか?

A:「だって岡…」

木, 12月 9 2010 » P.A.WORKS Blog » コメントは受け付けていません。

花咲く舞台袖・Q&A① タイトル

製作発表会でのキャストからの質問、イベント終了後の取材での質問にはどんなものがあったか思い出してみます。

記憶にあるうちに記録しておいたほうがよさそうですね(一部は既にあやしい)。

 1205-6

Q:『花咲くいろは』のタイトルはどのように決まったのか?その意味は?

A:このタイトルに辿りつくまでにどれほど長く、必要以上に曲がりくねった道のりを辿ったことか!

何故って、一言で言えば、「だって岡田麿里さんが…」。

タイトル決定に至る攻防はいずれどこかで語る日もあるでしょう。

最終的に落ちついたタイトル『花咲くいろは』の「いろは」は、

初歩、基礎の意味の「いろは」と、「色は」の意味を兼ねています。

未来の色が定まらない、これから花咲く未成熟なヒロインたちの成長物語らしい綺麗なタイトルでしょう?

ちなみに、nano.RIPEのripeの意味も「成熟した」なので、nanoがつくと近いものがあるかもしれませんね。直接訊いたことはないですが。

水, 12月 8 2010 » P.A.WORKS Blog » コメントは受け付けていません。

花咲く舞台袖

金沢21世紀美術館で開かれた『花咲くいろは』の製作発表会。

 1205-10

イベント会場が大勢の設営スタッフの手で手際良く組み立てられる様子を見ていると、これから何か楽しいことが始まりそうで緊張感が高まります。

 1205-2

手伝う準備もなさそうなので、客席に座って天井から吊り下げられた照明の数を数えてみたら130くらいはありました。

これだけ照明があったらどんな演出ができるんだろう? 

マイクテストってこんなに色んな声を発するんだ。

1205-5 

今回のイベントは小規模なので、受付やイベント進行は作品の関係スタッフで行いました。

それがどれくらい慣れないことなのか、イレギュラーな事態に追われているのかは、廊下を走り回る総務の奥津の靴音からヒシヒシと伝わってきました。

 1205-9

nano.RIPEのリハーサル開始。

アニメファンが受け入れてくれる確信がなかったらしく、僕がライブハウスで見たときよりも遠慮がちに腕を振っていたように思います(笑)

「あのピッキングで指が切れたりしないんですか?」

「しますよ。演奏中は気がつかないけどピックが(血で)ヌルヌルして、お客さんが引いていて(笑)」

 1205-7

舞台に立つ役者が放つエネルギーは強烈で華やかですね。

nano.RIPEやキャストのみなさんがキラキラ輝くために130の舞台照明はあるのです。

個人的には役者が見せてくれる陶酔の輝きを舞台袖から見ているのが好きなのですが、

今回は作品の製作発表会だから、舞台袖から顔を出して想いを語らなくては。質問に答える心の準備をなくては。

 

 「みなさん、こんにちは!」

「こんにちは!」

キャストのみなさんの愛らしい挨拶に、客席から元気な反応が返ってきます。

安藤監督と二人、舞台袖のモニターから進行を見守ります。

堀川「僕たちこんなに可愛く言えないですよね…」

監督「俺が『こんにちは』って言っても、誰も返してくれなかったら堀川さん一人でも返してくださいよ」

堀川「分かりました!!!!」

安藤監督に会場から大きな挨拶が返ってきました。

よかったですね、監督。

火, 12月 7 2010 » P.A.WORKS Blog » コメントは受け付けていません。

True Tearsイベント

有志主宰のイベントが終了いたしました。

まずは昨夜の嵐と雪の中、事故も無く城端までお越しいただけたことを

ホッとしております。

 1204-7

これだけ長い間ファンに愛される作品はどのように出来たのしょう?

制作スタッフの新しい出会いと、純粋な創作意欲と、野心から生み出された小さな核に、

みんなどんどん巻き込まれて大きく成長した作品のように思います。

今考えても狙って出来たものとは思えません。

1204-9 

スタッフがその核に触れたとき、そこに何を刻もうと感じてくれていたのか。

今日eufoniusのriyaさんが話してくれた想いがとても嬉しく、

彼女の想いを刻んだ歌を聴いていると、琴線をギュッと掴まれて、

とうとう涙線がプツンと切れてしまいました。歌はには力がありますよね。

 1204-10

今後P.A.WORKSが作品を作るときにはTrue Tearsのような、

多くのスタッフの想いと野心を刻むに耐えうる強度のある作品の核を、

偶然に頼らず生み出すことを目指したいと思いました。

 1204-8

そこから生み出された作品が一過性のエンターテインメントではなく、

True Tearsのようにファンから何年も愛されるに値するだけの包容力を持っているものを目指そうと思いました。

それには出会いや奇跡や偶然がちょっとだけ必要だとしても、

それらが起こりうる為に必要な試みは何かを考えていきたいです。

 1204-6

True Tearsは作品を介したファンとの距離、スタッフとの関係がとても心地の良いもので、

いろんなことを考えさせてくれた作品です。

初恋の想い出のように大切にしつつ、更なる成長へ向けて踏み出したいです。

 

本日参加されたファンの皆様も充分楽しんで帰られたようですね。

有志の皆さまお疲れさまでした。

楽しいイベントをありがとうございました。

日, 12月 5 2010 » P.A.WORKS Blog » コメントは受け付けていません。

晴れた…!!!

みなさん、こんばんは。ホリコです(ΘωΘ)

昨日の大荒れの天気も、今日はなんとか回復しました。濡れた地面が太陽の光でキラキラ、虹まで出ちゃったりで綺麗な1日でした。

そして、行ってみました。ttイベント。

ポスターにクリアファイル(ΘдΘ)!?!?

ポスターにクリアファイル(ΘдΘ)!?!?

あの長蛇の列はポスターの列だったのか(ΘдΘ)!なるほど、なるほど。

休憩所でお菓子やらが購入できると聞きつけ行ってみました。

がら~ん……。

がら~ん……。

時すでに遅し……。。。

がしかし、搬出作業をしているおじちゃんから【富山ブラックラスク】を買う事が出来ました。一緒に散策したS木さんは、食堂専用の【富山ブラックらーめんふりかけ】を買って下さいました。早速、作監のK面さんはご飯にふりかけていらっしゃいました。

S木さんが買ってくれた【富山ブラックらーめんふりかけ】

ふりかけを握りしめるK面さん。

その他にも城端ならではの商品が。

一緒に散策した【S木さん&マッキ~ノさん】

一緒に散策した【S木さん&マッキ~ノさん】

地産物に興味深々のお2人。説明してくれたおばちゃんも親切でした。そして……

愛ちゃん焼き。

愛ちゃん焼き。

初【愛ちゃん焼き】です。打合せ前に小腹が空いたので、軽くオーブンで焼いてから頂きました。餡がたっぷりでビックリしました。【美味しい、美味しい(ΘωΘ)モグモグ】と味わっていたら、食堂のドアがガチャリ…。

イッチー【ホリコさん、打合せです。】

ホリコ【え~っ(ΩдΩ)】

食べかけの愛ちゃん焼きを机の上に置いて3D打ちへ。約1時間後、机に戻って、勿論ペロリと食しました。美味しいお焼き、御馳走様でした。

何はともあれ、今日は晴れて本当に良かったです。せっかくのイベントが大荒れの天気じゃ悲しいです。遠路はるばる来て下さった皆さん、地域の皆さん、晴れ男・晴れ女の皆さん、本当に有難うございました。そしてイベントを企画して下さった有志の皆さん、お疲れ様でした。今日は、ごゆっくりお休み下さい。

さて、明日は金沢で【花咲くいろは】の製作発表会ですね。明日も晴れると良いなぁ…(ΘωΘ)

それでは本日はこの辺で失礼します。本日もお付き合い頂き、有難うございました。

ホリコでした(ФωФ)

日, 12月 5 2010 » P.A.WORKS Blog, ホリコのtrue tears写真館 » コメントは受け付けていません。

嵐の富山。

みなさん、こんばんは。ホリコです(ΘωΘ)

もう城端は物凄いお天気模様です。お昼に少し青空が顔を覗かせましたが、数十分後には大豪雨……そのうえ車の窓につもったシャーベット状の物体…。

こっ、これはまさかの『みぞれ雪』…(ΘдΘ)汗???明日のttイベントは大丈夫でしょうか?皆さん、防寒対策は必須です。貼るホッカイロをお腹にペタっと貼りつけましょう。

本日、本社は【勉強会】の日です。勉強会とは原画マン・動画マン・3Dさんの混ぜこぜチームを編成し、それぞれのテーマに沿って活動する月1行事です。

カンファレンスの準備しろいっ(笑)

勉強会の準備しろいっ(笑)

こんな微笑ましい光景も見られます。原画・動画スタジオが分かれてしまった今では貴重な行事です。

冷たい雨が吹き付ける中、3D監督のY崎さん・デスクの相Mさんとラーメンを食べに砺波に行きました。

こってり辛口味噌らーめん

こってり辛口味噌らーめん

あっさり梅らーめん。

あっさり梅らーめん。

富山に来て、梅が乗っかっているラーメンを初めて見ました。まだ食べた事はありませんが、体がクエン酸を欲した時に食べようかなと思います。

今日はY崎さんが運転してくれたので、久しぶりに車からの風景が見れました。チカチカ光る雷がとても綺麗でした。【何かが起きる予兆かも(ΘωΘ)】とボンヤリ考えた嵐の夜。

明日、明後日と富山・金沢にいらっしゃる皆様、どうぞお楽しみください。

それでは本日は、この辺で失礼します。本日もお付き合い頂き、有難うございました。

ホリコでした(ΘωΘ)

土, 12月 4 2010 » P.A.WORKS Blog, ホリコのtrue tears写真館 » コメントは受け付けていません。

週末イベントその②

雨、上がりましたね。

1204-3

ナガッチョもタイヤを滑らせながら早朝無事到着したようです。

1204-4

土, 12月 4 2010 » P.A.WORKS Blog » コメントは受け付けていません。

週末イベントその①

明日は有志のみなさんが企画された『True Tears』のイベントが開かれます。

みなさん朝から城端座に並ばれると云うことで、

天気を調べてみたら、北陸の空はえらいことになっているようです…

東京小平はこんなにポカポカ陽気だったのに。

車で富山に向かわれる方は気をつけてください。バイクはやめて。

さて、僕もそろそろ富山に向かおうかな、とバスチケットを見たら予約時間を間違えていた。

『ゲゲッ、昼発のバス予約してた!』

うーむ…(汗)の19:15

 

ま、まぁ落ち着こうじゃないか。冬の夜は長い。

P-10の書棚に立てかけてあったTTタペストリーを見つけました。

ギラギラ太陽、快晴、乃絵の笑顔。

これを照る照るぼうず代わりに持っていけば天気も回復しないかしらん。

吹くな風、呼ぶな嵐。19:30

 1203-1

「関口さん、関口さんも雨が上がるように何か書いてください」

 1203-2

「うーん、何書こうかしら」

「『私たち、雨が上がらなかったら坊主にします』ってのはどう?」

「いやいや、坊主の版権描かなきゃなんなくなったら…」

 1203-3

「書けました!」

「ありがとうございます。これで明日は晴れます!」19:50

1203-4

長距離バスに空席があったので富山に戻れそうです。23:00

雪が降り出したらしいけれど、ナガッチョ車は大丈夫だろうか?

 

ノーマルタイヤで東京に向かっていたら雪が降り出して足止め。

12時間塩沢石打サービスエリアで凍えていたのは1991年の11月のことだったなぁ。

金, 12月 3 2010 » P.A.WORKS Blog » コメントは受け付けていません。

日々ランチルームでは…。

みなさん、こんばんは。ホリコです(ΘωΘ)

ここ最近の城端は、比較的あたたかい日が続いているのでとても嬉しいです。

さて、本日はランチルームでの日常を御紹介しようと思います。

その①【トースターが汚いっ(`д´)!!!】

12月に入って『朝食はトースト派』の皆さんを脅かす『朝食は餅派』の皆さんが出現中です。トースターで焼かれる餅…、これがまた美味しそうなんです。プックリ膨らんだ姿がたまらなく可愛いですし…(ΘдΘ)❤

がしかし、そんなお餅が焼かれるトースターもお焦げまみれじゃ…ちょっと……。そこで立ち上がったのはこのお二人↓↓↓

A部の姫&A野はん。

A部の姫&A野はん。

お焦げを綺麗に取り除いてくれました。これでまた明日から美味しいトーストやお餅が焼けます。 率先してキレイにしてくれるスタッフの方が多いので、気持ちいい環境で生活できます。 ありがとうございます\(ΘдΘ)/

その②【My ドンぶり, Your どんぶり】

食堂にお茶を貰いに行くと、何やら良い香り…(`д´)クンクン

そう、これはカレーライスの香り…。晩御飯にカレーライスを食べたのは……

オシャレ王子。

オシャレ王子。

そう、カレー大好き【オシャレ王子】でした。この前もカレーライス食べてたような気が……。

王子専用【ランチバッグ】

王子専用【ランチバッグ】

さすが、オシャレ王子。自分専用のランチバッグを持参!!!これを持って颯爽と歩く姿は、草食王子の鏡ですね。そして更に衝撃的な事実がっ(`д´)!!!

My ドンぶり。

My ドンぶり。

なっ、なんと【Myどんぶり】まで持参っ(`д´)!!!食堂に食器棚があるのにも関わらず、わざわざバッグに入れてお持ち帰り!なんという自己管理力っ!!!素敵ですね。

ちなみにホリコも会社にMyどんぶりを置いてあります。毎日、それでご飯を食べていますが、やっぱり大きなドンぶりで食べるご飯は美味しいです。たとえおかずが無かろうとも…(ΘдΘ) 自分の手にフィットする感じも好きです。

皆さんも【Myどんぶり】を探してみてはいかがでしょうか? ホリコは100円均一で見つけましたよ!最近の100均のクオリティの高さと言ったら…正直驚きました…。いつの間にこんな…と。

豪華なおかずが無くても、ただの白いご飯だけでも、お気に入りの食器で食べれば、けっこう満足出来る事に最近気付きました。なんか幸せです。ほんとに小さな事ですけれど(笑)

それでは本日はこの辺で失礼します。最後までお付き合い頂き有難うございました。

ホリコでした(ΘωΘ)

金, 12月 3 2010 » P.A.WORKS Blog, ホリコのtrue tears写真館 » コメントは受け付けていません。

PVで繋がる

完成した『花咲くいろは』のPVを各セクションに見てもらいました。

スタッフも本編カットのムービーを見るのは今回が初めて。

この映像を見て作品の方向性を再確認するのです。

また、PVを見れば他のセクションが何を目指しているかを伺い知ることができます。

これがとても良い刺激になります。

PVが触媒となって化学反応が起きるんですね。

制作も自身触媒となってスタッフ間の化学反応を促します。

具体的には、PVを見たスタッフの感想や意見で現場を繋いでいきます。

例えば、PVを見たキャラクター原案の岸田メルさんから届いたコメント。

(一部抜粋)「そして何より、キャラクターがすごく可愛いです!!

今までの美少女アニメキャラの延長線上にありながらも手垢のついていない、

どこか新しい空気があって、それでもすごくキャッチーさもあって、

色々な人に受け入れてもらえそうな予感がします。

僕の絵の雰囲気も残しつつ、また少し違ったものになっていて、

それが個人的には素晴らしい化学反応だと感じました。」 

この嬉しい感想をスタッフに伝えることで、

『僕たちが進んでいる方向は間違っていないぞ』と、確信が持てるのです。

 

PVでは、美術監督の東地和生さんの仕事が他セクションを挑発しているように見えます。

東地さんのこの作品での挑戦は北陸の自然描写。

ロケハンに行って、実際に見て感じ取ったことを表現してみたい。

特に、太平洋側と日本海側の雲と光源に興味を持ったので、それをどこかで表現してみたいと話してくれました。

そんな美術監督の挑戦を背景スタッフが共有することで、予期せぬ何かが起こるかもしれません。

 

劇伴を制作中の浜口史郎さんとも昨日直接話をする機会をもらいました。

PVを見て頂いた上で、今回の作品に関して言えば、

オーケストラ的な編成ではなく大胆にシンプルにしてもらい、

青春の瑞々しさと未完成の甘酸っぱさとエネルギーを、

綺麗なメロディーと装飾の無いむき出しの音で表現して頂きたい。

それが『花咲くいろは』の世界に相応しい音楽になると思います。

そんな駄々っ子のようなお願いも快く引き受けて下さいました。

アニメーションでは作画の感情表現は記号的になりがち。

表現を補完するために劇伴の力は絶大なのですが、

過度な音楽演出に頼らない生意気さに憧れるのも成長過程の証なのです!

 

このPVが触媒となって、スタッフは他セクションの仕事から感じ取った印象を、

自分の仕事にどのような形でフィードバックするかを考えていると思います。

良い化学変化、相乗効果を期待したいですね。

僕自身は絵も描けないし楽器も弾けないけれど、スタッフの挑戦を現場で繋いで繋いで、

そこから上がってくる彼らの仕事(作品)に刺戟されたいし、作品を見て頂く多くの人々を刺戟したい。

その刺戟が、現場でこの仕事を続けている最大のモチベーションなのです。

金, 12月 3 2010 » P.A.WORKS Blog » コメントは受け付けていません。

Page 50 of 91« First...203040«4849505152»607080...Last »Top Footer