P.A.WORKS Blog

有頂天日記 5月22日

本日はバラチェック日なり。

『有頂天家族』のムービーチェックには毎回、沢山の人が参加している。

監督・総作監・作監・演出・色彩設計・3D監督・動画検査・色指定・仕上げ検査・原画マン・動画マン・制作などなど。

 

チェック用モニターがある会議室に人が詰めかけるので、毎回非常に賑やかである。

恐らく、現在のアニメ制作現場ではなかなか見ることが出来ない光景とも言える。

 

デジタル化が進んだこともあり、今はムービーもデータでのやり取りが簡単に行えるようになった。

無論、それ自体は良い事であるが、代わりに一か所に集まって同じものを見るという機会も失われつつある。

 

特にピーエーワークスのように、富山と東京に2つのスタジオを抱えていると尚更である。

だからこそ、こういった機会を大事にしたいと思う。

 

昔、社長の堀川にセル時代の現像所での初号試写の話を聞いた事がある。

関わったスタッフが一堂に会してチェックを行い、それが無事に終わった時、

制作は安堵と『この作品に関われて良かった』と誇りを感じたのだという。

 

もう今となってはまったく同じ感覚を味わう事は出来ないが、

毎回、背筋が伸びるというか、良い緊張感を持ったチェックが出来ていると思う。

この先もこの緊張感を維持していきたい。

 

さて、本日の日記には何の落ちもないものだろうか?

そんなわけがない。

本日のチェックでリテイク5カットも対応を間違えていて申し訳ありませんでした。

ラインP改め、制作進行からやり直してきますっ!

 

相馬

 

 

水, 5月 22 2013 » 有頂天日記

Top Footer