P.A.WORKS Blog

山路を登りながら、こう考えた

 7月の医王山鳶岩に続いて、8月のP.A.ワンゲル部は26日に立山の雄山に登りました。
3003Mの高地は16℃。好天にも恵まれ爽やかな風が吹いていました。

 雄山山頂は以前制作したショートムービー
「泣かせる空に会いたい―立山の恋人編」の舞台ですね。

 ミクリガ池にも行きましたが、オオカミの子どももライチョウも見つけることはできませんでした。残念。

 「空気の薄い高地での登山はダイエットになるってバスガイドが言ってたぞ」
「社長の(ダイエット)は成功したことが無いですよね」
「ムキーッ!待て、待て。こう考えるんだ。何もしていなければ今よりもっと凄いことになっていたはずだと」

 雄山からはチラリと黒部ダムも見えるんですね。
今度は一泊で登ろう。
雄山山頂でご来光を拝んで、大汝山、富士ノ折立、真妙岳、別山と縦走してみよう。

 自分は何を考えて山に登り始めたんだろうと考えてみました。
根底にあるものは楽しいとか登頂の達成感だけではないように思います。
ふうふう汗をかきながら、ゆっくりゆっくり登る姿が仕事同様自分に向いていると思うからかなあ。

 それと、自然に対する畏怖ですね。
全く言葉の通じない自然の中に身を委ねてみると、危険と隣り合わせの緊張感は、とても人を非力な存在だと自覚させます。

 自然相手の緊張と危険、諦観に比べれば、日常の仕事は重荷を負って歩むにしても、まだ言葉が通じる人間相手の楽なものだと思えるのです。
いかに普段の仕事が楽なものかを山に入りながら確認している、と言ったらちょっと変ですかね(笑)

 監督の篠原俊哉さんに影響を受けてワンゲル部を始めたのですが、監督は山に入るのが楽しくて、山を歩いていると水を得た魚のごとくハイな気分になり、いくら歩いても疲れないのだそうです。
じゃあ、普段の仕事はいったい…?!
僕がその境地に達することはないんじゃないかな。

火, 8月 28 2012 » P.A.WORKS Blog

Top Footer