P.A.WORKS Blog

第八十三夜

学園西町の細い路地に入ると、そこには「死」が待っていました。

普段なら、嫌だなあ、気持ち悪いなあ、と避けて通るんでしょうけれど、

【怪談百物語】当番のネタに困っていたので、『やった!助かった!』とパチリ。

怖かった話でしたね。

 

人生で初めて見たオバケの夢を覚えています。4歳でした。

その頃は、身の周りの昆虫や、巣から落ちた雀の雛、カエル、ザリガニ、ドブネズミ等、狭い世界に生息する生物に心魅かれていました。

トカゲを見つければ、捕まえては尻尾をちぎり、単独でクネクネと踊る様を観察しておりました。

 

 

 

「生きものを殺すと魂に襲われるぞ」

 

 

 

そう父に戒められましても、

 

 

 

「襲われたらお父さんが助けてくれればいい」

 

 

 

「魂は透明だから人には助けられないんだ」

 

 

 

そんな父の適当な教えもあったので、魚を解剖して腹から取り出した半透明の浮き袋を、「これが魚のタマシイなんだ」と遊び仲間にも教えてやりました。

 

 

 

 

 

 

 

疑う者はいませんでした。

   

  

 

 

 

 

 

弄んだトカゲが死んでしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

『魂がやって来る…』

 

 

 

 

 

 

 

 

その夜、2歳上の兄と二人きりで留守番をしておりました。

玄関を乱暴にノックする音が聞こえます。

 

 

 

「お兄ちゃん、だれか来たよ」

 

 

 

兄は壁に寄りかかり、本に没頭して無反応です。

 

絵本『オオカミと七匹の仔ヤギ』の教訓から、玄関の扉は開けてはならないことは理解していました。

 

 

 

「誰ですか?お母さんはいません」

 

 

 

無言の訪問者は扉を激しくガタガタと揺さぶります。

ついに扉は勢いよく開けられ、枠組みいっぱいの不定形な魑魅たちがなだれ込んできました。

【もののけ姫】のリトルサイズ・ダイダラボッチに似ています。

それが死んだトカゲと、過去に殺めた生物たちの魂だと解りました。

確かに半透明でした。

 

悲鳴を上げましたが、兄は体操座りの二宮金次郎像のように無表情です。

魂に抱きかかえられ、飲み込まれ、首に巻きつかれて苦しくなり、その後の記憶はありません。

翌日、トカゲの死骸を埋め直し、盛った土に卒塔婆に見立てたアイスの棒を立てて供養をしました。

以来、夢に魂が出てきたことはありません。

 

 

 

「気を付けたほうがいいよ…もうブログ当番は回ってこないと思うけど」

 

 

水, 3月 21 2012 » Another怪談百物語

Top Footer