P.A.WORKS Blog

第二十六夜

明けまして、おめでとうございます!

皆様、今年も、どうぞ宜しくお願い致します。

   

今日は朝からおせちとお餅を食べました。

それと初詣に行って、「Another」制作に関わって頂いてるスタッフの無事をお祈りしてきました。

お賽銭105円でどこまで効力があるかは分かりませんが。

  

もう恐い話というか、ただの正月生活実況ですねこれ。

本当に申し訳ありません。

でも、1つ正月にまつわる恐い話を思い出したのです。

  

あれは8年前の事です。

自分の地元は兵庫県の姫路なのですが、大晦日から元旦にかけて、友達5人で初日の出を見に明石大橋に行った事がありました。

明石から見える日の出はとても綺麗だったのですが、

何分、ずっと起きてるので、みんな帰りは眠くて仕方ありません。

  

そんな時、1人が言い出したのです。

「ごめん、もう我慢できない、寝る」

そしたらそれを合図に、伝染していくかのように皆ウトウトしだしたんです。

運転してた自分はたまったものではありません。

  

「ねぇ、みんな起きてよ、話してくれないと俺も眠くなるから…」

  

そんな中、信号待ちでソレは起きてしまったのです。

  

完全にウトウトしていた自分の足はブレーキを離れ、

警官が交通整理している十字路の交差点を、赤信号のまま時速5キロぐらいで、

ゆっくりと通過していきました。

  

通過しながら、ふと目をさました自分は、交通整理中の警官と目が会いました。

その時の、警官の方のあまりに驚きに満ちた顔が未だに忘れられません。

 

 

俺がいるのに…目の前で堂々と…という顔でした。

 

 

その節は本当に申し訳ありませんでした。

皆様も、居眠り運転にはお気を付け下さい。事故にならなくて良かったです。

   

「気をつけたほうがいいよ…交差点には睡魔がいるから…」

  

※注:信号無視については、ちゃんと点数を引かれ、罰金を支払ました。

日, 1月 1 2012 » Another怪談百物語

Top Footer