P.A.WORKS Blog

第二十一夜

先日、金縛りにあいました。

  

仕事を終えて家に帰ってベッドに横たわると、

前兆が来るのです。ひどく疲れたときほど来るのがはっきり分かります。

  

くるぞ~、くるぞ~

  

  

  

きたっ!!

  

  

金縛りにあうとすごく体が圧迫されてる感じがするので、

必死で体を動かそうとしますが、

思い通りに動かないです。。

このストレスは経験してみないと分からないものです。

もちろん、声もでません。

こういう時こそ横に誰かいて自分を起こしてほしいですが、

誰かいても、気づくことはありません。

ただ熟睡しているしか見えないからです。

一人ぼっちの戦いです。

  

金縛りにあった時、私はいつも目を閉じています。

先日も閉じてました。

目を開けるとすさまじい光景が見えそうで、怖いからです。

でも、本当に「貞子」のようなお化けが自分の体の上に乗っかって、

縛り付けているのでしょうか。

  

これから、作品のスケジュールがどんどんなくなると、

夜遅くまで仕事をする日々が多くなり、

金縛りにあう可能性も高くなると思います。

  

なるべく、金縛りにあわないように、

スケジュールは確保していただきたいです。

  

  

  

  

「気を付けたほうがいいよ…目を開けると起きられないかもしれれない…」

  

  

#5演出の許でした。

  

月, 12月 26 2011 » Another怪談百物語

Top Footer