P.A.WORKS Blog

小引越し。

みなさん、こばんは。ホリコです(ФωФ)

昨日までの曇り空はすっかり消え、本日の城端は良いお天気でした。それでも気温は日に日に下がっているようです。

みなさん、風邪には要注意。

本日、本社では小規模な引越しがありました。作画机とロッカーのスタジオ移動です。

すっきり。

すっきり

ギュウギュウだった制作机周辺も、椅子が充分ひけるスペースの確保に成功しました。

引っ越しと言えば、富山に引越してから丸2年が経ちました。2か月前にアパートの更新料の連絡が来たのですが、特に引き落とされてる様子も無く…。あれ……?サービスかしら……?それともちゃんと引き落とされてるのかな…?取り敢えず、通帳記入をしに行こうと思います(ΘωΘ)

3D班が富山へ引っ越してきたのは2009年10月25日頃だったかと思います。その頃は劇場レイトンの作業真っ只中で、引越し当日まで荷物をまとめる事が出来ず、当日、業者さんに手伝って貰うスタッフも居ました。

今までに引っ越しを4回経験しましたが、毎回新しい生活への期待感と、住み慣れた場所への愛着心で、とても複雑な気持ちになります。出発当日の夜、マツコが自分のために泣いてくれたのが、1番嬉しくて、そして寂しかったです。会う機会はいつだって有るのに、いざ離れてしまうとなると、何故こんなに悲しくなるんでしょうね。

前日が夜便当番で睡眠不足だったホリコは、猫とペーパードライバーの友人をお供に、レンタカーで12時間かけて富山入りしました(笑)

長旅でフキゲンな愛猫

長旅でフキゲンだった愛猫

富山に来て本当に良かった事は、同じ会社に勤めていながら交流が少なかった本社スタッフと仲良くなれた事です。今まで気付かなかった事に気付き、仕事に対する考え方も広がった気がします。

みなさんは引っ越しの経験はありますか?

何か面白いエピソードがある際はホリコまで御連絡ください(笑)

それでは本日はこの辺で失礼します。お付き合い頂き有難うございました。

ホリコでした(ФωФ)

☆ 本日の1本 ☆

【恋するマドリ】 (Dir:大九明子)

今日は引越しのお話をさせて頂いたので、引越しにまつわる映画を御紹介します。

インテリアショップFrancfrancの15周年記念として制作された映画です。1人暮らしをするため、とあるマンションへ引っ越してくる主人公・ユイは、そこで上の階にすむタカシと出会います。度重なる偶然からタカシに思いを寄せ始めるユイですが、同じく偶然によって思いもよらぬ真実を知る事になります。ユイの恋の行方は…。

劇中に登場するFrancfrancのインテリアグッズにも注目です。

興味が湧いた方は、是非、ご覧あれ。

木, 11月 10 2011 » P.A.WORKS Blog, ホリコのtrue tears写真館

Top Footer