P.A.WORKS Blog

馬場

城端には個人で馬場を持って馬を飼っているお宅があります。

お願いして馬場や馬房を見せてもらいました。

ここには7歳、15歳、25歳の3頭の馬と1頭のポニーがいます。

馬の25歳は人で云えば100歳の老齢らしいです。

7歳のポールシャトルは大きなツヤのいいサラブレッドで、美しい鬣が自慢。

最近まで金沢競馬場で走っていたそうです。

 1023-5

時折体のあちこちをプルプルと痙攣させるのは、まとわりつく蠅を追っ払っているんだそうです。器用な一芸です。

乗ってみたいとお願いしたら、気軽に乗せていただけました。

 1023-3

タウンボーイに乗る辻P

オーストラリアのお土産に貰ったカウボーイハットなら持っている。

今度は僕も乗せてもらおう。重いから馬が嫌がるだろうなあ。

「ポニーはどこですか?」

「その辺の田んぼにいると思いますよ」

『えっ!放し飼い?』

いやあ、牧歌的だなあ。

 1023-4

「ん~…ん? あれか?」

 1023-2

キュートは馬場の柵を押し開けて田んぼに出てしまうそうです。

稲株から生える若芽をムシャムシャと食んでおりました。

一日中食べ続けているからか、体高のわりにドラム缶のような体です。

「餌は何を食べるんですか?」

「干し草です」

ま、まあそうですよね。干し草はどんな植物なんだろう。調べてみよう。

【ヴォイス】でブランティーはカラス麦を食べていたっけ。

牧草はイネ科と豆科の植物のようです。

じゃあキュートにとって稲田は広大な皿な訳だ。

日, 10月 23 2011 » P.A.WORKS Blog

Top Footer