P.A.WORKS Blog

弾け飛ぶボタン

ズボンのボタンを付け直して欲しいとカミさんに頼みました。

「何度付け直しても取れるのは、ボタンが悪いんじゃないと思うの」

『ぐう!!』

運動せねば。

 1016-0

朝6時から川沿いの草刈り。川に沿って行動する熊対策なのだそうです。

午後から行き付けの床屋へ出かける。今日は歩いて。

ススキが風に揺れる気持ちの良い秋空です。

ところが第3日曜日は床屋は休み?!

このまま元の道を引き返したら、なんだか間抜けである。

このまま歩こう。

本社前を過ぎた交差点を左に折れて山に向かいました。

1016-11 

朝刊に載っていたスキーヤーで登山家の三浦雄一郎の言葉が頭をよぎります。

「目標を見失ったのは、60代だった。気づいたらタダのメタボな老人になってしまいまして(笑)」

それから500Mの山に登り始めて、エベレストまで登頂してしまうところは規格外の人。

 1016-10

ゴルフ場に向けて山道を登りながら、ここで熊に出くわしたらどうしよう、などと考える。

熊鈴はもっていない。手に持っているのは床屋で読むはずだったル・グウィンの『ヴォイス』だけ。本の背で叩かれると痛いけれど熊は倒せない。

僕にカスプロの「ギフト」を授けられていれば、熊を一瞥しただけで破壊できるのでしょうが。

 1016-6

右手に赤祖父山。ブナの原生林も色づき始めました。今年のドングリは豊作なのかしらん。

ゴルフ場まで登るとあとは下り坂。

本社屋上からも削られた山肌がはっきり見える丸山。

 1016-4

生ゆば丼の赤祖父の池にフナ釣り人の姿は無し。

 1016-3

 1016-1

池の畔に見つけた円筒分水槽。

四方に伸びる農業用水に公平に水を配分する設計になっています。

 1016-13

看板の説明によると、この水槽が1949年に完成するまでは、水を争って度々殺傷事件が起こったそうです。

こう云う目に見える初等科学の知恵は興味をひきますね。

福光にあるサイフォンの原理を利用した灌漑用水とか。

映画『はやぶさ』は大いに泣けました。科学はロマンです。

 1016-2

床屋に出かけてから2時間のウォーキングになりました。

これでボタンは飛ばないはず。もう一度だけ付けてもらおう。

来年は立山に登ろう。

日, 10月 16 2011 » P.A.WORKS Blog

Top Footer