P.A.WORKS Blog

辻Pとクレジット

OPとEDアニメーションが完成したので、ビデオ編集室で今までに完成した本編アニメーションの頭とお尻にくっつけました。

安藤監督らしい元気いっぱいのOPと、視聴しながらリズムを刻みたくなる爽やかなEDムービーになりました。

 クレジット表記のレイアウトやフォントは辻Pが拘りました。

いやぁ、粘りに粘る辻Pを見て、この男が将来、食卓に置かれる箸置きの位置、形、大きさ、色から材質にいたるまで1時間かけて拘っている姿が目に浮かんでしまいました。

その後、完璧な箸置きに合う完璧な箸の選択と配置に更に1時間をかけるわけですが、ま、彼は自分で料理も作るので配膳も自分でするでしょうね。

未来の奥さんは今回のV編集のように、毎回深夜になる夕食を覚悟しておいたほうがよいでしょう。

 

もの作りの粘るポイントは人それぞれだったりするので、拘りのあるスタッフが担当してくれれば良いものになると思います。

クレジット表記の拘りはP.A.の中では辻Pがナンバー1ですね。

尤も、デザインとは別に、表記の順番は経験を必要とするラインPの責任の大きな仕事でもあるのです。

金, 3月 18 2011 » P.A.WORKS Blog

Top Footer