P.A.WORKS Blog

根雪

先週末の城端は吹雪でした。

雪は天から降るのではなく、ゴウと音を立てて水平に猛進します。

運転中はカーステレオで津軽じょんがら節をかけたくなります。

城端では日曜日の朝までに一晩で40センチほど積もりました。

根雪に重ねた軒下の積雪は、軽く150センチを超えました。

 

「根雪」の語音は綺麗で好きなのですが、北陸で暮らすようになってから、

この言葉を聴くと、音も光も無く、諦観に封じられた底冷えのする世界を思い

描くようになりました。

「あなた、根雪のような人生ね、ふふっ。」

と揶揄されたら、60秒くらい深い溜息をつきそうです。

氷のように硬くなった雪山を見ると、やみくもに除雪機で切り崩したくなるのは、

「根雪」から思い描く個人的イメージを破壊したいのかもしれません。

ずっと寝ているのは大好きですが、じっと春を待つ蕗のように我慢強くはないのです。

月, 1月 17 2011 » P.A.WORKS Blog

Top Footer