P.A.WORKS Blog

無駄に硬骨な、冬

朝羽田を出て小松空港へ。

今週と来週は東京―富山間を行ったり来たり。

東京は快晴でも城端では大雪。

 0106-1

こんなときに困るのは、今日はどの靴を履くべきか。

東京で長靴は履けないし、城端で革靴は埋もれてしまう。

 0106-2

年明けから富山本社で作業してくれている撮影の福士享さんも、雪対策用に長靴を買ったようです。

ところが、『万能野菜ニンニンマン』で長期出張している制作の相馬は、

こんな大雪でも長靴を履くことにまだ抗っているようです。

これは、ヒートテック・タイツを一度履いたら戻れないと抗う俺と同様なのか。

電気マッサージ機に一度乗ったら負けだと決めているらしい作監川面恒介30代前半の抵抗に似ているのか。

冬はTシャツにショールだと決めている辻Pの拘りのようなものなのか。

うーむ…あっ、そうか!

松田龍平と黒木メイサのユニクロポエムCM

「硬骨な、冬」は、なぜ【恍惚】ではないのか、ずっと考えていたのですが

今、謎が解けた!

無駄に硬骨な男たちの、冬ってことだったのでは?

深夜バスで上京。

今朝も東京は快晴だけれど、風冷たく手袋が欲しい。

金, 1月 7 2011 » P.A.WORKS Blog

Top Footer