P.A.WORKS Blog

ずっと知らないほうがいい

クリスマスは色も音も好きだったけれど、いつの頃からか何も感じなくなってしまったのは、

子どもの頃からの憧れだった大きなクリスマスツリーを10年前に手に入れたことで、

何かが満たされて終わったんだな、きっと。

ずっと手に入いれない方が幸せな憧れもあるのかもね。

 

少し前のニュースで、発泡スチロールで作ったトナカイの角をつけた牛が

保育園にやってきて、園児は「トナカイさんが来てくれた!」と大喜び、

という微笑ましいものがありました。こんなニュースばかりならいいのに。

 

先日取材を受けた方が松前緒花役の伊藤かな恵さんのファンで、

「伊藤さんはトナカイは架空の動物だと信じていたんですよ。ネットラジオ聴いてみてくだい」と、こっそり教えてくれました。

聴きました。

「で、トナカイはいつ飛べるんですか?」

うーむ…羨ましい。

夢を壊さぬよう、彼女には動物園に行かないことを勧めます。

土, 12月 25 2010 » P.A.WORKS Blog

Top Footer